このままでは引き下がれない

このままでは引き下がれない               兵庫県家島諸島 Bgqdya4a]g



大阪北部地震で被災された方々にお見舞い申し上げます。

大阪で地震があるとは夢にも思いませんでした。台風、地震、津波、大雨被害には強い「大阪」神話がもろくも崩れた瞬間です。
僕も「枚方市」在住で、軽度ではありましたが被災した一人ですかね。月曜日は、電車に2時間閉じ込められ、みんなが仕事に向かう中、ひとり徒歩で帰宅しました。帰宅すると自宅は泥棒に入られたのか?と言うくらい戸棚やタンスなどの扉という扉が開き、物が離散していました。今は、余震で寝不足です。

しかし、大阪人は、強すぎです!被災翌日は、冷静な判断で行動・対処され、何事もなかったかのようにふるまわれています。
熊本地震では、二日後にさらに大きな地震が来てますので、まだ予断は許さない状況ですが、くれぐれもお気を付けください。

最後に被災で亡くなられた方々のご冥福を祈るとともに、ライフラインが一日でも早く復旧することを祈るばかりです。





さて、被災前の釣行を少し書きます。

鉄板ポイントでボーズ、自身の中ではありえない。何が間違っていたのか、一週間そのことが頭から離れず、リベンジしてきました。

ieshima_1806162.jpg




当日の状況は、先客でフカセが7名、左右、前方に囲まれ、釣り方こそ違いますがフィッシングプレッシャーのかかる状況は同じ。餌取の活性も前回よりはマシでしたがオキアミが残るような展開でこれも同じでした。



そんな状況で、前回から反省したことは、



 ・ダンゴの配合の改善
 ・ハリを3号から2号に変更




前回のブログでも書きましたが、思いのタナができてなかったことと、食い渋るチヌに対して食い込みを重視してトライしてます。


結果、連荘することは無かったですが、まずまずの成果でした。


15時までに5枚以上釣れたので納得です。


ieshima_1806163.jpg





(ダンゴレシピのメモ)

ダンゴは現地で数投程度の量を作って色々試して、結果の出た配合

 ・糠     8
 ・砂     3    (珪砂6号x2、珪砂8号x1)
 ・サナギ粉 1000ml
 ・アミエビ  400cc
 ・ビタバレイ 2袋(50g/袋)
 ・海水    100cc ※試したい液体忘れた・・・(T^T)


  ※結局、砂の配合を変えただけかな


あとは、ウキの浮力が少し不足してるので、日曜日に調整したので、次回、試したいと思います。



しかし、アジも居ない、タコも居ない、変な海ですね。




釣りでもしないとやってられない!てことで
次回から大会モードに入ります!大会参加者の皆様、よろしくです。





ieshima_1806164.jpg





釣 果 : チヌ 12尾(40cm~)

サシエ : オキアミ、活きボケ   ※死にボケは、エサ取りにやられる、釣れたほとんどがオキアミ

餌取り : フグ、チャリコ、ボラ?

水 温 : 20.5℃






大潮
日の出入 : 04:48,19:17
満潮    : 01:22,10:44
干潮    : 07:19,17:38
天候    : 晴れ
気温    : 20~24℃
体感温度 : 暑い
服装    : アンダーアーマー、半袖長ズボン
風向き  : 微風、夕方右側からやや強し


 





スポンサーサイト

トラックバック