FC2ブログ

やはり三重県最強!

やはり三重県最強!            三重県熊野灘  Sngms


今年のGWは寒い!また風邪ひかぬように完全防備で臨みました。

久しぶりの車中泊。コンビニの駐車場でぐっすり寝れて、万全の体調です。


■2日目

開始は、6時過ぎだったかな?久しぶりの時間帯です。
大会ではこの時間帯に竿を出すことはありますが、私用の釣りではありません。(笑)


このポイントは、いつ来てもエサ取りはきつい!

mie_1805041.jpg






ダンゴ配合も前日の反省から少しづつ変えて調整してます。

(ダンゴレシピのメモ)

①回目

  ・糠   7
  ・砂   3   ※通常使用の珪砂6号
  ・細引きサナギ粉 2
  ・アミエビ 200cc程度
  ・ビタバレイ 200cc程度

②回目

  ・糠   7
  ・砂   3  (珪砂6号:2杯、珪砂8号:1杯)
  以外は同上

③回目

  ・糠   8
  ・砂   3  ※珪砂6号
  以外は同上

  ②は、締まり過ぎるかな、③がある程度持って割れやすい




いつもは、空ダンゴを投入して仕掛けを作りますが、エサ取りが気になるので、棚をしっかり取りながら組み立てたかったので仕掛けを作ってからダンゴ投入です。


えーっとね・・・


開始からフグがエグイ!!!

一日中、フグに遊ばれました。こんなこと初めてです。

ピークは、粒サナギが全く残りません。やわい餌付けるとハリがなくなります。それはそれは恐ろしいくらいハリがなくなりました。何本無くなったかもわからないくらい(笑)

そう!やめとけよ!です。

6時開始して、9時にはあまりのえぐさに

「心が折れました」

でも行く場所が思い浮かばず、続行した次第です。


正午にダンゴの割れがかなり遅くなり、ダンゴに触って来ない時間帯が少々ありましたがチヌが寄ったというより、フグが休憩に入った感じですかね。
よく12時ごろにデカイの釣れますがエサ取りがこの状態のときにデカイのが食うでしょうね。


試したことは、

 ・サシエでかわす   ×:何付けてもだめ
 ・ダンゴを持たせてかわす ×:いつ取れれてるかわからない
 ・ダンゴの割れが明確にわかる棚で勝負  〇:これしかないのかな?!いわゆる博打釣り

てことで、ここには来るな!てことですな(笑)
エサ取りの少なくなる初夏(7月)、冬(12月~1月)ですかな。

GWは、風と気温に恵まれず、釣果は悲惨でしたがいろいろな場所で竿を出せたので、新鮮味があって楽しかったです。(負け惜しみw)


さて、型狙いはやめて、数釣りにシフトします。







釣 果 : チヌ ボーズ

サシエ : コーン、粒サナギ、活きボケ、死にボケ、オキアミ、フナ虫

餌取り : フグ強烈、ベラ、ボラ?、カワハギ??

水 温 : 18.5℃




中潮
日の出入 : 05:00,18:39
満潮    : 07:34,21:04
干潮    : 01:59,14:16
天候    : 晴れ
気温    : 13~22℃
体感温度 : 肌寒し
風向き   : 右から強風






   




スポンサーサイト

トラックバック