FC2ブログ

少し早いけど大会モード

少し早いけど大会モード 家島諸島 家島本島・宮一文字外向きパイプ切れ目の左側





四国で釣り三昧だったので、休憩を入れようかと思いましたが、潮都会の中山君からお誘いがあったので、少し早いですが大会モードに切り替えます。


場所は、家島予選の開催場所、その名の通り家島諸島です。

定期船でのんびり釣行です。
定期船での釣りは、体に楽なんですね。1時間に2便あるし、行きたい時間に渡れ、帰りの船で寝れる。難点は歩く距離が長い、でも健康にはよくて、万歩計を見ると釣りに行って1万歩を超えます。




当日、行くとびっくり!見たことのある顔触れがずらり、TeamBAKUDNの方々でした。
彼らは、坊勢島らしい、僕らは家島本島にしました。

僕が唯一竿を出したことの無い場所です。

「宮一文字」です。内向きは何度もあるんですが、大会では、内向きは釣り禁止で、外向きのみとなります。

よって、どんなポイントか慣れときたかったので中山君に無理を言っての場所決めです。
中山君は、予選会で竿をだしたことがあるらしいんですがあんまりよくなかったのでリベンジ釣行になるのかな。

ieshima_1608201.jpg




前日は、よく釣れたらしいです。その釣れたポイントは、避けて、ポイント選択が最後になりそうな場所を試すことに。

竿下は、そんなに深くないんですが、投げるごとに駆け上がりがあり、場所によっては、海底がガチャガチャ(深くなったり浅くなったり根掛かりする)でした。


午前中は、手前の駆け上がりを狙って攻めました。

仕掛けを立てて釣りをすると気にならなかったんですが、仕掛けを寝かせると根掛かりが発生します。
釣りが成立しないわけではないので、そのまま釣りを続けました。

あれやこれややった結果、1分以上持たせることができればチヌですかね。
棚は、ハワセると根掛かりするので、チヌがダンゴの周辺によって来たら割るイメージでしょうか。

最初は、ベラばかりでしたが、たぶん結構速く割ってたのでそうなったのかも知れません。
サシエは、ボケが用意できなかったので、オキアミとコーンでやってます。

・オキアミは、取られる
・コーンは、ほぼ残る


オキアミ+コーン

これがアタリ餌でした。ボケがほしい時もあったので、ボケでもいけそうな気がします。

早々に、5枚揃えたんで、僕は、暑さの為ギブアップして、周辺の店に生ビールを求めて彷徨ってました(笑)



ゆっくり(2時間)休んで午後からは、沖の感じも知っておきたかったんで遠投しました。遠投と言っても手投げです。

サシエがずーと残ってました。なんだろ?午後から変わったのか、沖は何もいないのか、いまいちわからずのまま終了でした。
中山君は沖でサシエが残らないと言っていたので何か間違ってたと思います。

テクマクマヤコンがいるのかな・・・

ダンゴの握りを確認したかったんで、シッカリと握って、棚でチヌを狙ってたのがダメだったかも知れません。



しっかし、暑かったです・・・。なかやまくんお疲れ様でした。




ieshima_1608202.jpg







釣 果 : チヌ 5尾(25~35cm)

サシエ : オキアミ+コーン、オキアミ

餌取り : ベラ、フグ、チャリコ

水 温 : 不測





 
大潮
日の出入 : 05:26,18:45
満潮   : 10:35,23:59
干潮   : 05:17,17:16
天候   : 晴れ
気温   : 29~33℃
体感温度 : 酷暑
服装   : アンダーアーマー半袖、長ズボン
風向き  : 微風




スポンサーサイト

トラックバック