しんどい釣りでした

しんどい釣りでした              三重県熊野灘 Mu74ozl-l 21



連チャンとなるとホテルが必要になるのですが、爆買い旅行者?の影響か、まったくホテルの空きがありません。
仕方なく、久しぶりの車中泊です。


初日があまりにも暖かく、汗もかいたので、松坂市にある「熊野の郷(クマノノサト)」に行きました。
料理も充実してるし、温泉もあるし、家族連れには良いかもです。
久しぶりなんで、少し贅沢して「ステーキ」にしました。チヌの餌のボケより高いもん食べないとね(笑)

久しぶりの車中泊、舐めてました。夜は寒い!!(笑)
寒さで目覚めること2度・・・。

眠いZzz




■天候一転!暴風(2日目)


今日は、D.Brosの徳ちゃんと中辻さんと、場所は違いますがだんごライダーさんとご一緒です。
ちょっとした例会みたいなものかも・・・。


朝起きて天気予報をチェックすると夕方にかけて、風速8m→10m→11mになってます。
こんな日に釣りするのか!


みんな集まってきます、、アホや(笑)






場所は、2年ぶりに出します。ここ最近不調の場所です。
一時は、満員になるんですが、釣れないとわかると閑散とする場所です。

でもさすがに連休の中日でもあり、紀州釣り師は、他に2名。
場所取りは、舐めてましたが、エギンガーが陣取ってましたので、すぐに移動するだろうと、ゆっくり目にスタートしてます。


開始は、皆が集まってからなので、7時半ごろかな



風は、開始当初はそれほどでもありませんでしたが、どんどん強くなって行きました。


海底の様子も、前日とは打って変わって、何も居ない海になってます。


中辻さん、徳ちゃんは、遠投、僕は、近投で様子を見るも、何も起こりません。

中辻さんのポイントは、少しましで、餌が無くなることもしばしあったようです。



しっかし!暇!!(笑)





僕と徳ちゃんは、何も起こらない海にダンゴを黙々と打ちます。
K-1チャンピョン二人だめかとささやかれながら頑張ります。(笑)



あまりにも眠いので、まず、僕がダウンして、

渾身の力で握ったダンゴをベタンベタンに這わせて、ウキを見ながら寝る戦法(笑)


5分くらいですかね・・・


少し爆睡して、起きてウキを見ると少し潮下に流されていました。

ん?なんであの渾身の力で握ったダンゴが五分くらいで動くんだと・・・。

棚をトントンに戻して、投入すると、いかにもチヌらしき前アタリの後にウキが沈んで行きました。


ボーズ回避!(笑)


頑張ったわりには、神様もひどい!チョイたらずのチヌ48cmでした。


僕は、これに力尽き早仕舞い。


あとは、粘る中辻さんと徳ちゃんの様子を見ることにしました。






すると納竿間際に徳ちゃん、快心の一枚をゲット!
ほんとこやつは、追い込まれると強いわ、絶対釣るもんね~

なんとか釣れてめでたしめでたしでした。


mie_1603201.jpg







しかし、このままでは納得いかない僕は、いつもリリースするチヌの腹を裂いて、中身を見ることにしました。
(注意、チヌ持ち帰って、おいしく刺身でいただいてます)


胃袋には、オシムギだけがぎっしり入ってました。量にすると40gくらいかな。
ダンゴに混ぜ込んだビタバレイオシムギは、40g/袋を6袋ですから、6分の1は、こやつの腹です。
結構、オシムギ拾い食いされてるので、いつぞからダンゴの周辺にはいたんでしょうね。

反省しきりです!

確か、わずかにダンゴの割れが速く感じた時間帯もあったので、あそこで仕留めねばならなかったと思います。


下手くそ・・・。



でもね、徳ちゃんと反省会で話題になったんですが、




ダンゴ配合ですが「夏は高集魚、冬は、低集魚」信ぴょう性帯びてきました。




以前にブログに書いたことがありましたけど、ただでさえ少ない魚に高集魚で攻めるとお腹いっぱいになったり、ダンゴ配合された餌に執着されるように思います。まだ、これと言えることありませんが、徳ちゃんも怪しんできたので、二人で色々検証してみたいですね。


てか!居るんだった釣れよ!ですね、ごもっともです(笑)



中辻さん、徳ちゃん、だんごライダーさんお疲れ様でした。










釣 果 : チヌ 1尾(48cm)

サシエ : 活きボケ

餌取り : 無し

水 温 : 17℃




中潮
日の出入 : 05:56,18:04
満潮   : 04:45,16:26
干潮   : 10:41,22:45
天候   : 晴れ
気温   : 9~15℃
体感温度 : 寒い
服装   : 長袖長ズボン、ダウンベスト、カッパ上下着用
風向き  : 背からの暴風




スポンサーサイト

トラックバック