FC2ブログ

今年初めての連チャン

今年初めての連チャン!                三重県熊野灘  Mu74odec




ここに来て寒暖の差が一段と激しさを増してきました。
昼間と夜では、10℃程度の温度差があるんでしょうね。

今年、初の連チャンに行ってきました。


金曜日から土曜日の朝にかけてかなりの降雨に見舞われ、どうなんでしょ?
降雨の直後は、そんなに影響がないだろうと踏んで行ってみたんですけどね。




■外洋は大荒れ、波高し(初日)


土曜日の午前中まで雨の予報でしたが、予報より早まり、夜明けには雨は止んでました。
しかし、外洋が荒れた影響で、湾内の波が高く、適度に濁りも入りいい感じでした。


開始は10時半頃でしょうか。

mie_1603191.jpg





魚の寄りは、遅いもののダンゴへの反応は、上々。
ボラは、一日を通して、ダンゴには干渉せずでした。(居たかどうかも不明)


ダンゴの割れが異様に速くなったので、サシエを流すスピードを遅めると、チヌ43cmきました。
サシエの速度を遅めるのは、棚をいじらずに浮力の低い(6B→5B)ウキに交換してます。


しかし、早い段階でチヌが食いついてきました。
活性は良いようです。

mie_1603192.jpg









活性が高いならと、少し棚を詰めて、攻めてみます。



依然、ダンゴの割れが速く、チヌの群れが入ったかと続けると









自己最高のヒガンフグ!しかしデカイ・・・。(笑)


mie_1603193.jpg





そして、ダンゴの割れも通常の速さに戻り、しばし沈黙しましたが、1時間後にまた割れが速くなり、少しダンゴを持たせて様子を伺うと、良型のチヌが竿を曲げます。

mie_1603194.jpg





時間的にも潮的にも時合いの形相だったんで続けると、いかにもチヌと言わんばかりのアタリが出て、どっしりと竿に乗ったかと思いきや!

合せた瞬間、道糸が高切れ・・・。新品の道糸に巻き替えたばかりでしたが、少し心当たりが・・・。

潮が低い時間帯に道糸が海中に沈み、岩にひっかかったことを思い出しました。原因はあれか・・・。

お気に入りのウキだったんですがウキ止めよりも高い位置で高切れしてるので仕掛けごと持って行かれてます。

夕方になると100mほど右側の磯場に僕のウキがプカプカ浮かんでは沈んでるのが見えました(笑)
ずーっとみてましたが、やはりチヌ(?)は、磯の岩の際に行くんだなぁとセンサーとなったウキが教えてくれました。
ウキを喪失したのは痛かったですが、チヌの習性に確信を持てたのがよかったかも。



そのバラシと同時に何も居なくなりました。





夕方になるとダンゴの周辺が騒がしくなり、ウキが消し込まないアタリが続きましたが、原因は、タナゴでした。
かなり寄ってるような感じで、ダンゴの割れも速く、サシエの執着がすごい。

mie_1603195.jpg



サシエを動かすと、タナゴの餌食になるし、周りにちぬが居そうなんで、ベッタンベッタンにして、チヌの間を図ると、

居ました、デカイの!




必殺、居食いです(笑)


mie_1603197.jpg





沖に払い出す潮だったんでウキとダンゴのテンションが抜けた時に食われたんでしょうね。



しばらく続けましたが、気配も無くなったので終了してます。





あのバラシが痛かったですね、ダンゴの周辺でばらすと他のちぬも着いていくからどうしようもない。
皆さん、お気を付けください。



mie_1603196.jpg
(前回に続きこのポイントでも2年振りの歳無し52cm)



mie_1603198.jpg







釣 果 : チヌ 3尾(43、47、52cm

サシエ : 活きボケ、オキアミ

      ※この場所でオキアミで釣ったの初めてかも(笑)

餌取り : タナゴ、ヒガンフグ

水 温 : 17℃









若潮
日の出入 : 05:57,18:03
満潮   : 04:10,15:38
干潮   : 10:04,22:03
天候   : 晴れ
気温   : 13~18℃
体感温度 : 風が止むと無茶苦茶暑い
服装   : 長袖長ズボン
風向き  : 微風








スポンサーサイト

トラックバック