FC2ブログ

トピックス

【更新情報】

19年 4月16日 ブログ更新



管理人 良平
スポンサーサイト

ノッコミは恐ろしい

ノッコミは恐ろしい                      三重県熊野灘 Md8hg9b4




今年は、3月末くらいから寒さが戻り、今日までなかなか気温が安定せず、上昇しません。
お陰で、桜は、下部から咲き出して、現在は、上部が満開、下部は、新緑です。
少し変な感じの光景です。

ノッコミの情報もどんどん入ってきます。
和歌山から景気の良い釣果が聞こえています。
良型(歳無し)交じりの数釣りがすごい!和歌山のパワーをまざまざと見せつけてくれます。

お兄ちゃん、25枚・・・
中山君二日で歳無し交じりの36枚・・・

すんごぉ!



いつもの場所は、卵も小さく、釣れるとは思いますが、型が小さい!
今年は、歳無しがZERO。徳ちゃんと二人で、結構釣ってるんですけど、出ない。

よって、今回は、少し北上して、新規開拓を試みてます。
徳ちゃんも同行してます。


現地集合でしたが、


寝過ごした!!!!!(笑)

起床予定は、4時でしたが、目覚めたのが6時半頃です。
平日の起床時間と同じです。
寝ぼけながら、あれ?会社だっけ?休みだっけ?と少し悩んで、釣りだと気づきました。
目覚ましはセットしてるものの、記憶にナッシング・・・・。きっと2度寝でしょうね

てことで、出発の準備は、前日にできているので、車に飛び乗って出発。

道中、誘惑のLINEが和歌山から入ります。釣れてると、、、、
和歌山なら上で行ったら1時間か?三重県3時間・・・。

徳ちゃんが迷子になるので、三重県に決定!(笑)




予定より3時間遅れの11時頃に到着(笑)

徳ちゃん、ごめんよ・・・。



てことで、開始は、11時40分です。

mie_1904131.jpg





徳ちゃんの状況は、全くサシエがとられないとな!
9時からやってるとして、2時間もサシエがとられない?


あかんのちゃうん!!!


と思うも、いつものとこも取られない日もあるので、回遊待ちを期待しての釣りです。










でも、回遊してこない・・・。

日没30分前くらいに、ようやくサシエが取られ、少しフグが沸いて終了・・・。

オキアミ5匹で足りました。(笑)



これがあるのもノッコミの開拓!

て、あかんすぎやろ(笑)
僕の場所選定ミスですね・・・反省。

まー僕のダンゴがどんだけ割れないダンゴか、検証できましたが・・・(爆)



三重県にもどこかあるはずなんだろうけど、よう見つけません。

徳ちゃん、スカリの天日干し、美味しかった?(笑)
また、懲りずに開拓付き合ってねん(はぁと)






釣 果 : チヌ ボーズ

サシエ : オキアミ、活きボケ、死にボケ

餌取り : 夕方にフグが少々

水 温 : 16℃



小潮
日の出入 : 05:24,18:22
満潮    : 00:04,10:34
干潮    : 05:22,18:25
天候    : 晴れ
気温    : 11~15度
体感温度 : 風が冷たい、曇ると寒し
服装    : 長袖長ズボン、カッパ上下
風向き   : 左からの風強し





















思考回路停止

思考回路停止                             三重県熊野灘 Mu74odec   



桜がきれいですね。三重県は、満開です。場所にもよりますが葉桜になろうとする桜も多く見受けます。

mie_1904061.jpg



急に気温が上昇するとどこでも釣れそうな気がします。
でもそんなに甘くないのがノッコミです。
森よりも木をしっかり見定めなくてはなりません。

4月に入るとどこもかしこも水温が上昇するので行きたい場所が膨らみます。
他のポイントの状況も知りたいので土日連チャンも視野に入れます。

徳ちゃんが47cmを釣ったと情報が入り、最後にもう一度チャレンジするべく前回の場所へ。



前日は、会社の飲み会で、早く帰宅するも、お酒が残り、グダグダで起床。


釣り開始が11時10分頃に。

mie_1904062.jpg



前回は、餌取り皆無でしたが、徳ちゃんの情報通り、フグがうるさい。
けどもコーンやサナギは残ることも多い。ボケは、ハリがなくなります。

なんだろ?酒が残ってる?(笑)
フワフワして適当な釣りになってます。

ダンゴの配合も適当で、糠が少なすぎたのか、割れが早い。
割れすぎて海底の状況がよくわからんし、持たせるのも面倒。
でも丁寧さを心がけるも、チヌには届かない。

15時を回ると、急にサシエが残るようになりました。

ん?寄ったか?僕は酔ってるけどね(笑)
ちょっと適当過ぎました。居たら食うだろうと仕掛けをハワセていくも釣れない。

ここで思考回路停止。

たぶん込み潮に入って、水温が下がったんだろうと計測もせずに前回の状況に陥ったと勝手に思い込んでしまった。
何もせずに一発の釣りに切り替えて、待ちの釣りをしてしまった。

夕方、17時頃に、たまたま釣れましたが、これはいただけない。

mie_1904063.jpg




なにもせずにただハワセて釣れただけのことですかね。

それ以降も餌が残るのは、きっと、チヌがぎょーさん寄ってたのでしょうね。
あーなんでトントンまで戻さなかったのか、きっと酔ってたんでしょうね。

ハワセて釣れるのは、問題ないんですが、チヌを察知してあれやこれやしてハワセて釣れれば問題なし。
単にハワセてしまうと、何の情報も入らないから思考回路が停止してしまう。

ダンゴがいつ割れてるか、
ダンゴを触る魚、
ダンゴの上に何が居るのか、
どのサシエがどうなるのか

すべての情報を失ってしまう。


あー反省です。釣りに行くなら呑むな!呑むなら釣りするな!ですね(笑)


てことで、連チャンするので早めに切り上げたものの、陽気な天候のお陰で、今年初の汗だくになり、着替えも持ち合わせておらず、風呂に入る場所も知らないし、連チャンを辞めました。

あーなんか、グダグダな一日でした。


腹立ったので、松坂牛の焼肉、食ったたぞ!(笑)

mie_1904064.jpg



てか、最近、釣りの帰りの食事が楽しみで仕方ない良平でした(^^)






釣 果 : チヌ 1尾(36cm)

サシエ : 活きボケ

餌取り : フグ、ボラ?

水 温 : 19℃




大潮
日の出入 : 05:34,18:17
満潮    : 06:35,18:52
干潮    : 00:27,12:43
天候    : 晴れ
気温    : 13~18℃
体感温度 : 暖かい
服装    : 長袖長ズボン、カッパ上下
風向き   : 右からの風





                       

真冬の釣りに

真冬の釣りに                  三重県熊野灘 Mu74odec



4月に入ったにも関わらず、低温な時期が多い日本ですね。
新元号も発表され、今は、その話題で持ちきりです。
僕の予想は大外れ・・・。
 「令和」
Aで始まる二文字と予想しましたが、きっと誰かが、Rか、Lかで悩むと思います。



当日の天候は、南風が吹き荒れる予報で、釣り場をかなり悩みました。

南風に弱い実績ポイントか、はたまた、風裏になる場所を開拓するか

道中、ずっと、開拓か、実績場か、悩んだ挙句、釣りにくくても実績場!と決断。
予報は、午後から夕方に吹き荒れる予報なので、それまでは、静穏な時間です。


開始は、9時30分頃。満潮が13時くらいなんで、それ以降をターゲットにします。

IMG_1452.jpg





前回とはゴロっと変わって、真冬の海に変わってます。


餌取が全く居ない。

午前中は、サシエが一度取られ、ハリも一度無くなりましたがそれ以降は、さっぱり取られません。
サシエのオキアミの皮が無くなることはありました。


魚を集める努力もしましたが、さっぱり・・・。
水温は、15℃に低下してます。原因は、これか?


こうなると、面白くないし、潮も全く動かないからダンゴの効き目も薄い。
結果、ダンゴに触る魚がいない。時折、ボラだと思いますがハリスに触れる魚は居ました。
やはり浅場は、大潮の日がいいんだよね。





ウキが微動だにしなくて眠くて仕方なかったんですが、
ド満潮直前の12時30分頃に、突然、前触れもなくウキが消し込みました。

IMG_1453.jpg






午後からは、正面の南風が吹き荒れ、風の影響で表層が滑って仕掛けが安定しないながらもダンゴからサシエが抜けるタイミングで、ウキが消し込っむ、釣ったと言うより、釣れた感、満載の釣果でした。

IMG_1454.jpg




ダンゴ触らすように色々やりましたがダンゴを触らすまでは行かなかった。

2枚目のチヌが腹パンのブタチヌだったんで、一週間でこんなに大きくなるんだなぁ、と思ってましたが、

腹を捌くと、僕のダンゴが胃袋一杯でした(笑)

へたくそ・・・。どんだけ食わしてるんや。

この1枚だけでしたが察知することができなかったことに反省しております。


しっかし、型が小さいし、餌取が居なくなるということは、ここはもう終わりなんだろうか?
湾奥も湾中央も餌取が一切いなくなったし、この湾の終わりのシグナルなんだろうか


さて、他もあちこちで釣果が聞こえだしたし、徳ちゃんの今週の釣果次第で、北上しようかしらん!


(ダンゴのレシピメモ)

 ・糠       8
 ・砂       3(珪砂6号)
 ・細引きサナギ粉 3.5 
 ・アミエビ    400cc
 ・ビタバァレイ    50gx2袋
 ・おからパウダー 200cc
 ・コーンミキサー   100cc




IMG_1455.jpg






釣 果 : チヌ 3尾(~38cm、42cm)

サシエ : 活きボケ、オキアミ

餌取り : フグ、ボラ?

水 温 : 15.5℃




長潮
日の出入 : 05:43,18:11
満潮    : 03:12,13:14
干潮    : 08:46,20:41
天候    : 曇り時々晴れ
気温    : 13~17℃
体感温度 : 暖かい
服装    : 長袖長ズボン、カッパ上下
風向き   : 午後から右からの強風










 

チヌとの間

チヌとの間                      三重県熊野灘 Mu74odec





ほんと暖かくなりましたね、何だかんだと暖冬といつつも寒の戻りで桜は例年通りの開花になりそうです。

しかしながら三寒四温の「三寒」が週末にはまってます。
晴れると逆に暑いくらいですが、曇りや陽が落ちると寒いのなんの。

海底の状況も例年と比べ、どこもフグが沸いてます。
もう早いものでこの周辺に通い始めて、10年が経過しようとしてます。その時期のノッコミに戻ったようにも思えます。

そろそろノッコミはこの辺りちゃうか?徳ちゃんと交互に探ってますが、好釣果の便りが届きボチボチ始まりそう。



土曜日は、ゆっくり自宅を出ると、朝の通勤ラッシュにかかって、どうしても時間がかかってしまう。
早く起きれば、道中は、ガラガラなんで楽なものの現地到着が早すぎて、釣りの時間帯としては中途半端な時間になってしまう。
最近、そんな悩みと格闘してます(笑)


開始は、9時40分頃です。


mie_1903231.jpg



ド干潮は、13時頃。満潮は20時頃ですが、狙いは夕まずめになります。
この場所は、ド干潮になると水深2m無いかもしれません。よって潮廻りは悪し。15時頃に満潮がありがたいんですけどね。

mie_1903234.jpg
(これくらいの浅さ)



前回と同様にアカメフグの寄りは早いものの少しマシかな?

下げ潮は、期待せずにダンゴを打って、様子を見つつも、ふとある考えが浮かびました。
これだけ浅くても食い気がでたチヌは関係ないとは思ってますが、さすがに開始直後は、チヌも警戒心が高いだろうし、びっくりするかな?と思いました。

そこで、ダンゴの着水音が極力消音できるようなダンゴで、水面に落として、着水音に警戒しているチヌが薄らぐ間を作って見たらどうなんだろうと。

ダンゴの着水音は、「ドボン」ではなく、「トポーン」。ダンゴを小さめにして、そして間ができるように強く握ります。
間は、よくわからないので、3分から始め5分くらいまでとし、ダンゴが割れてもアカメに見つからないようなタナで待つことにしました。(注:ダンゴを持たせる時間はストップウオッチで計っているわけでは無く、自身の体内時計であり感覚です)

するとセオリー通り、ダンゴを打って、2時間が過ぎた頃に、ウキがポコンと消し込みました。

徳ちゃんの情報では、ボラがいるとのことで、



ボラか?



結構な引きで、寄せると少し黒めのチヌ45cmでした。

この浅場では、新記録かな?時間を見ると11時半頃でした。

mie_1903232.jpg








同じように連荘。


綺麗な銀ピカ41cmです。先程のヤツよりも小さめながらよく引いて楽しませてくれました。

mie_1903233.jpg






それからは、サシエが残らない状態に戻り、ド干潮を迎え、混み潮に変われど変化なし。

チヌの群れが小さいんでしょうね。


それからは、普通の釣りに戻して、仕掛けを立て気味で、追加するも41cmばかり。
同じ体形のチヌが群れてるようです。

これは沖から入ってきたチヌでしょう。


夕方、サシエが残り、チヌが居そうでしたが、あれやこれや試しながら時間を要しましたがベタンベタンのタナで居食いで釣りました(笑)

でも、ハリ掛かりは、唇皮一枚です。結構、渋い。



依然として、サシエが残り続けるので、集中して釣ったヤツは、



タコ!(笑)


mie_1903236.jpg




この場所では、初めての外道です。これは美味しいお土産となりました。

mie_1903237.jpg





電気ウキまで引っ張り出しましたが気配が無く、納竿。




夕マズメにチヌの食い気が落ちるってことは、まだ、本格化してないんでしょう。
腹を裂いたチヌも卵が小指くらいでしたからこの場所のピークは、もう少し先かな?!

しかし、2枚目以降のチヌが全て41cmだったのには驚かされました。



またしてもドラマはお預けです。次回こそデカイ群れに当たることを祈る。








mie_1903235.jpg







釣 果 : チヌ 5尾(45cm、41cmx4)

サシエ : サナギオキアミ、サナギ死にボケ、オキアミ、活きボケ

餌取り : アカメフグ、キューセン(ベラ)、タコ

水 温 : 15.5℃



大潮
日の出入 : 05:53,18:06
満潮    : 07:24,19:50
干潮    : 01:18,13:34
天候    : 晴れ時々曇り
気温    : 9~12℃
体感温度 : 寒い、風が無かったら暑し
服装    : ダウン上着、長ズボン、カッパ上着
風向き   : 左背からの風


 




| NEXT≫