復活!そして・・・

復活!そして・・・                大阪府大阪湾 岸和田一文字)中波止2番


残暑厳しいものの少しづつですが秋を感じさせる気候になってきました。

大阪の岸和田で、第28回MFG紀州釣り部親睦釣り大会兼「MFG CUP K-1 2017FINAL予選会」が開催されました。

岸和田の釣況ですが盆まではどこでも快釣でしたが盆を過ぎたころから徐々に釣果が落ちてきて、大会前日には、死の海に変貌したようです。いわゆる岸和田特有の「酸欠の海」になりました。涙

チヌが居ないわけではないんですが、サシエを口にしないとでもいっときます。
この状況を踏まえて大会に臨まなければならないのが岸和田大会なのです。



D.BROSからは、僕とお兄ちゃんが参加し、今年最後のファイナルへのキップの手中を狙います。
弟(徳ちゃん)は、仕事のため欠席です。

IMG_0482.jpg
(受付の風景)

IMG_0483.jpg
(大会要領の説明)

大会運営のお手伝いで、夜中の?2時に集合です。毎度のことですが戦いは仮眠から始まります。寝ぼけてたら釣りにならないですからね。
2時集合ですから1時間半前に起床しなければならないので0時半ですかね。就寝時間は最低でも3時間欲しいので逆算すると21時には就寝が必要となります。そんな時間に寝るために、前日の朝は、わざわざ釣りに行かないのに早起きします。TVっ子の僕には地獄です。TVつけてもショッピングか砂の嵐しか映りません。
この課題は、予定通りクリアでき、大会に臨みました。

当日のエントリーは、79名でしたが4~5名の欠席者が出て、74~5名の出場者だと思います。
ポイントは、4ブロックに分かれて、チヌ・キビレ15cm以上を5尾揃えた重量の釣果を競い、各ブロックの上位がファイナル進出です。残されたキップは8枚。以下の通り。

 ・旧波止の白灯 約25名 上位3名ファイナル進出
 ・旧波止の赤灯 約25名 上位3名ファイナル進出
 ・中波止の2番 約10名 上位1名ファイナル進出
 ・中波止の3番 約10名 上位1名ファイナル進出


競技時間は、
・一番船が4時50分  中波止2番と旧波止白灯
・二番船が15分遅れで 中波止3番と旧波止赤灯


次の課題が、くじ運です。
試釣が絶不調の僕にはこれしかない!(笑)
ずーっと考えてたので番号「1」を引くしかない!場所なんてどこでもいいから1番を引けば、選択権が1番最初になるから有利なのです。

そして、練習の成果!念じて、念じて、引いたのが、


ゼッケン番号「1」でした。


心の叫び「よっしゃ!もらった」
これは出場者しかわからんかもしれませんが(笑)



渡されたポイントも2回も試釣した「中波止2番」でした。
これはもらった!とは思いませんでしたけどね・・・。どこも状況は同じようなので・・・。
湯本部長には、岸和田で一番ええポイントですやんとプレッシャー掛けられてますし・・・。(笑)

IMG_0484.jpg



さて、本番ですが、

試釣したお陰で、以下の戦略を考えてました。

・中波止は、外向きは型がよくて、内向きは、小型が主流です。前日の状況から1、2匹の勝負と踏んで内向きを選択。
・内向きは、引き潮の時に川のように流れるので(岸和田全体がそうだと思います)、満潮が11時なので、それまでに釣りきる。


まずは、状況を知るために普通に開始してます。

このポイントは、遠くに通称「プリン」といわれる杭みたいなんものが立っていて、その周辺が釣れるといわれてます。
その周辺(際)を攻めようと思いましたがちょうど朝焼けが正面になるため逆光になり遠すぎてウキが見えないんですよね(笑)
よって、プリンを結んだ線の中間くらいをポイントにしました。

2時間近く団子を打っても何も変化なし・・・。
腐るほどいたボラも寄って来ません。状況はかなり悪いようです。

とりあえず魚を寄せねばと、必殺!テクマクマヤコン!(笑)

効果があったのか30分くらいしてからボラがうじゃうじゃ寄りだしました(笑)
ヨシヨシと思ったんですが、海底まで追いかけてこない!
たまにダンゴに触るやつは居るんですが弱い・・・。

あかん、これはひどいって感じですかね。

満潮まで1時間くらいだったんで、かなり焦りました。
たまにダンゴに触りにくる魚がいるんであれやこれや試すもサシエは丸残り。

とうとう満潮を迎えてしまい、恐ろしい下げ潮の局面に入りました。
流れるは流れる歩くより速い?(笑)
まー左右にしか流れないんで鳥羽に比べればへっちゃらなんですが、状況が状況だけにサシエを動かしたくありません。

次の一手は、誰も釣果がないので(全体でも)まずはブロック抜けを考え、チビレでもいいから釣ったろうと、竿下にポイントを変更しました。波止際は潮流もそんなに流れないしね。(試釣で同じ状況だったのでチビレを釣ってます)

竿下は敷石が平行に敷いてるんですが、その先は斜めに埋められ駆け上がりになっています。
そこにダンゴを際から転がすように落としていきます。(笑)

3投に一度くらい敷石の間にダンゴが落ちるのか、根掛かり地獄です。(笑)
何度かやるとサシエはとられませんがダンゴに触るので、そのタイミングでダンゴを沖に出して勝負します。

でもダメ・・・。沖に出すと上にはボラが居ますが、海底には何も居ません。

続いて、敷石に着底したと同時にダンゴが割れる(割れている)ようなタッチにダンゴを修正し、勝負に出ます。
すると一発で反応した魚がチビレでした(笑)

見た目は10cmくらいに見えるようなチビレで、放流しようと思うも計測をすると15cmを超えてるではありませんか(笑)

とりあえず恥ずかしいので汲みバケツにキープ(笑)


そのチビレを釣った後は、竿下も川のように流れだします。

仕掛けを立ててやるんですが、ウキの浮力を上げるとサシエを触るも離すような感じが永遠に続きます。

こらあかんと次の手は、敷石の上で這わせる作戦。根掛かり覚悟!

海面から海底までの棚は、半ヒロ!(笑)
そこに浮力の高いウキではサシエを離すので、浮力の弱い(5B以下)良平ウキを引っ張りだして、5ヒロくらい這わせるとなんとか思い描くイメージになりました。(そのイメージは、前回の釣行記を参照)

どんな釣りか、もっと書くと、竿下にダンゴを投下すると隣の釣り座を超えてウキ止めが当たるので、防波堤に平行して真横に投げます。そして足元までウキが流れて来たら割れるセッティングです(笑)

根掛かりはするは、タカ切れはするは、さんざんでしたが、ロリロリ(チヌ)を2枚追加できました。

IMG_0485.jpg


午後からは、1枚でかいの釣られるとブロック抜けができないんで、潮流が緩んだらプリン目掛けて大遠投!潮流が速くなると足元で根掛かり地獄を味わってました。

プリンの際を攻めてみるも同じように海底には何も居ない。もちろん底を切ったりして探りは入れましたがサシエは取られることはありませんでした。


中波止2番のブロックの釣果は、僕だけだったんで、何とかファイナルのキップは、手に入れることができました。

IMG_0486.jpg
(検量)


帰船後、表彰式では、期待はしてなかったんですが、3名しか釣果が無く、3位に入賞でした。
優勝者は、終了間際に44cmが1枚、準優勝者は、37cmが一枚でした。

さすが僕ですな、数だけは釣りました(笑)(笑)(笑)


そして、お兄ちゃんもファイナルのキップを手にしました!
D.BROS全員ファイナル進出です!!!!
イエーイ!イエーイ!
\(^o^)/


お兄ちゃんは、何故抜けたって??MFG紀州釣り部のブログを参照ください(笑)
こちら→ MFG紀州釣り部門



大病してから大会は全くダメでしたが、お風呂の筋トレの成果で握力、腕力も80%近くに回復して、なんとかファイナルに復活できて感慨深く思います。

D.BROS全員でファイナル楽しんできます!!

大会関係者、そして、参加者の皆さん、厳しい一日でしたがお疲れ様でした、そしてありがとうございました。



【追記】
後日、岸和田の貧酸素分布図を確認すると・・・
oosakawan_170828.gif

真っ赤ですやん・・・。これではダメですね。ほんと大会はついてませんね


【大阪湾貧酸素水塊分布情報】
詳しくはこちら → 大阪府立環境農林水産総合研究所

この分布図を参考にして岸和田に行きましょう(^^)


【ダンゴのレシピメモ】
・糠  8杯
・砂  珪砂6号x2杯、極小砂1杯
・サナギ粉 2杯
・海水 0.5杯
・押し麦 2袋
・おからパウダー 半袋
・オキアミ 少々
・コーン 缶半分(包丁で刻み)







釣 果 : チヌ・キビレ  3尾(16cm~25cm)

サシエ : オキアミ

餌取り : ボラ

水 温 : 不測   ※水温計前回の釣り場で忘れた!汗






中潮
日の出入 : 05:28,18:33
満潮    : 10:20,22:17
干潮    : 04:13,16:07
天候    : 晴れ時々曇り
気温    : 24~30℃
体感温度 : 暑い
服装    : 半袖にアンダーアーマー、長ズボン
風向き   : 午前中正面の強風、午後から背から海風強風












スポンサーサイト

カレイが浮いてるらしい・・・

カレイが浮いてるらしい・・・          大阪府岸和田一文字  中波止2番


ご無沙汰しております。更新がおろそかになってました。

家島大会の直後ですかね、心の支えだった「小林真央」さんが亡くなられてショックを受け、PCも壊れ現在に至ります。
なんで真央ちゃんなの?って感じです。神様も酷なことをしてくれる。

今一度、心からご冥福をお祈り申し上げます。


そして、何故かPCが壊れ、現在は、MS-Windows7からWindows10にOSが変わりホームページエディターが使えず苦労してます。
頑張って更新したいと思います。



直近から更新~


MFG岸和田大会の試釣に通ってます。間に四国を挟みましたが・・・(笑)

oosaka_1708192.jpg



ずーっと調子の良かった岸和田が下降気味です。

前回(16日)、爆釣の試釣会を受けて、釣ったろ!と思うもボーズ逃れの一枚・・・。

僕の釣り方が悪いのか、徳ちゃんに無理を言って、同行願いましたが・・・・



厳しい~!

徳ちゃんでも苦戦で、何とかボーズ逃れの良型45cm!(さすが)


oosaka_1708191.jpg





こちらは、チビレ2枚・・・・(内向き)

枚数は、さすが僕ですね(笑)(笑)(笑)


何だろ?!ボラが厳しいっす!うじゃうじゃいます。二人くらい並んでも散らない!

ボラアタリが静かになってそのまま見たいな感じなんですが、仕掛けを上げるとサシエが無い!

どこかで餌取りやチヌが口を使ってるんですがどの当りかわからない・・・。

適当に合わせるとボラなんで、そんな釣りをしたくも無く、ただただチヌらしいアタリ(ウキが浮いてこない(笑))見極めるヒントを探し続けましたが、見つからず・・・

うんがうんぐぅ!って感じです。


・ボラのアタリをひたすら見送って、大きな間を作ってチヌに食わすか

・高浮力ウキにテンションを掛けてダンゴが割れた瞬間の勝負に徹する

しか、今のところ策が無いですかね・・・。

簡単に言うと、マグレで釣りをするしかないってことです。
これだけは嫌なんだけど、、攻略できないので、抽選で中波止当らないこと祈ります(笑)

最後は、神頼みです・・・・。

予選通過、やばい!!



最後になんかカレイが浮いてるらしいです・・・。
出た!岸和田!(笑)

あと一週間で好転することを祈るだけです。

徳ちゃん、付き合ってくれてありがとう!



(今日のダンゴレシピメモ)


1回目

・糠          8杯
・砂(珪砂6号)   3杯
・細引きサナギ   2杯半
・アミエビ       2杯
・海水        0.5杯
・オシムギ      0.5杯
・オカラ       1杯

2回目 

上記レシピから変更は以下の通り
・細引きサナギ  2杯




釣 果 : チビレ 2尾

サシエ : ボケ

餌取り : ボラボラボーーーラ~~~

水 温 : 28℃




中潮
日の出入 : 05:22,18:43
満潮    : 04:04,18:06
干潮    : 11:11,23:27
天候    : 晴れ時々曇り
気温    : 25~30℃
体感温度 : 暑い
服装    : 半袖アンダーアーマー、長ズボン
風向き   : 微風、午後から正面の風強し1




 

ん?どうした?

ん?どうした?                     大阪府大阪湾 岸和田一文字 中波止2番中央




少し涼しくなってます。1週間で4回も釣り行ってます。
盆休みの最終日にも岸和田に試釣してきました。

当日、船着場に行くとたくさんの試釣者が来られてました。
みんななんとしても予選突破を狙ってます。
僕もそうなんですが、いかんせん絶不調・・・。
雰囲気だけでも味わえたらいっか!みたいな感じです。


最初は、沖一文字の白灯に入ろうと思うも誰も行かないので
並んで竿を出せる中波止2番にお邪魔しました

S崎さん、I上くんと並んで竿を出してます。


中波止は、他のポイントと比べて、ボラがかなりいます。
ダンゴ着底までかなり執着されて、底までダンゴが持たないことがあります。

最初は、パサ目をガッツリ締めて、釣りしてました。
この釣りだとボラを掛けることはありませんでしたが、後半戦のダンゴからオカラを入れずにシットリ目でやりましたが、ボラのアタリか餌取りやチヌのアタリの判別ができない・・・。

なんとなくチヌとの距離が縮まってきたところでタイムアップでした。


確実にダンゴからサシエが抜ける棚でやるとわかりやすいんだけど、待ちの釣りなんで納得できずでした。


さて、困った!

どうする?


S崎さん2枚お見事でした。I上君お疲れ様でした。(^^)





oosaka_1708161.jpg

ダンゴからサシエが確実に抜けた棚で釣れたチヌ(マグレですね)




釣 果 : チヌ 28cm

サシエ : コーン

餌取り : ボラボラぼ~ら、チャリコ

水 温 : 29℃


長潮
日の出入 : 05:20,18:46
満潮    : 15:41
干潮    : 08:21,1946
天候   : 曇り時々晴れ
気温   : 24~32℃
体感温度 : 暑い
服装   : 半袖にアンダーアーマー、長ズボン
風向き  : 午後から正面の風強し













万全ではないが

万全ではないが、、、        兵庫県家島諸島 坊勢島)北新地



やはりホテルに宿泊すると体が楽ですね、定期船も体にやさしい。


■2日目は、徳ちゃんの行きたい場所へ

2日目は、坊勢島の通称「北新地」と呼ばれる防波堤です。
ポイントは、広大で釣るとこに困りません。チヌの魚影も濃い(例年では)

ieshima_1706111.jpg

ieshima_1706113.jpg




またしても事件が

ゆっくりとダンゴを作成していると徳ちゃんが「糠」余ってます?と聞いてきます。
余ってるも何も今から開始やん!余ってるかい!!(笑)

と、言ったものの昨日の残りがあることを思い出しました。
家島は、終了も早いので3回分のダンゴ材を持参してて、いつも2回分しか使用しないので、予備が残ってました。
2日目は早く終わろうと言うこともあって、十分な糠があり、助かりました。(笑)


さて、釣りの方は、昨日同様に内外を試したいので、釣れようが釣れまいが午前中は、外向き、午後から内向きです。

午前中、家島特有の漁師さんが僕のポイントにカゴを落としていくわ、カゴを上げにくるわ、で大変でした。
Vのあるとこのポイントは要注意です。


釣りの方は、前日同様に、アジがうるさくない。
手前は餌取り多いけど、沖は、かなり薄いですね。

チヌも激渋で、元気のいい奴が居ませんでした。

やはりサシエの安定とダンゴの割るタイミングをシビアにしないと釣れませんでした。

お土産の魚が多く釣れたことを強調しときます(笑)

ieshima_1706114.jpg
(巨大なタコ)


ieshima_1706116.jpg
(歳無しマダイ54cm)


さて、いよいよ来週が大会です。
本番に弱い僕ですが、気負いなく頑張りたいと思います。(笑)

徳ちゃん、2日間、お疲れ様でした!頑張ろう!


てことで、釣果は、さすがの徳ちゃんが2枚、僕が1枚でした。


ieshima_1706115.jpg





釣 果 : チヌ 35cm

サシエ : オキアミ

餌取り : 外向き-ベラ、アジ、内向きーベラ、フグ、タコ、マダイ

水 温 : 不測ですが前日と同じ20℃でしょう




大潮
日の出入 : 04:48,19:15
満潮    : 00:38,10:33
干潮    : 06:46,17:11
天候    : 曇りのち晴れ
気温    : 19~22℃
体感温度 : 涼しい
服装    : 長袖長ズボン
風向き   : 左背からの風





少しやる気が!

少しやる気が!            兵庫県家島諸島 坊勢島)白灯台防波堤



ヤル気満々の徳ちゃんと家島連チャンです!
三重県からはるばる、よう言ったと賞賛の嵐!パチパチ(笑)


家島の深場で釣りすること、良型アジの突進がどんなものか、体験することが目的ですかね
ですから渡船を使わず、定期船での釣行です。

渡船だと朝早いし(3時)、お金もバカになりません。健康のためにもね(笑)
渡船だと4500円なのかな?定期船だと往復2200円と駐車料金500円、締めて2700円也。
定期船は、便も多く(一番船が7時~1時間置きの頻度)、行きも帰りも思いの時間に行き来できますからね。

ただし、ポイントは限定されますが・・・(^^;



徳ちゃんと僕の行きたいとこをそれぞれチョイスして、風向きとにらめっこして場所を決めました。


■初日は、僕の行きたい場所

前回の試釣会で釣れなかった場所に行きたかったんですが、あおの場所は渡船でしかいけませんので、ロケーションのよく似た坊勢島の通称「赤灯」に行きました。

水深、海底の状況、チヌの活性も酷似している場所です。
当日は強風、昼からは背から吹く予報。

でもね、トラブル続きでした。

風が吹き荒れる、吹き荒れる、正面、左から、右から、正面と結構釣り辛い。
正午ごろには、でっかい工事船が目の前に付けられて外向きから内向きに余儀なくされる始末でした(T^T)

僕はもともと釣果よりも場所を知りたいことが目的で内外試す予定だったんでよかったんですが
徳ちゃんいい雰囲気の時に前に付けられて、仕方なく内向きです。(笑)

外向きは、手前が荒く、沖は砂地で、手前はベラ地獄、沖は、餌取りの活性悪しです。
アジの勢力が前回に比べると全然まし!でした。
やはり前回は、水潮が影響してたんでしょうね。

徳ちゃんと並べてわかったことは、僕には、ベラが釣れ捲って、徳ちゃんには一切釣れない。
たぶんサシエの状態が徳ちゃんとは異なったんでしょうね。

状況は、チヌは激渋・・・。

僕は、タモ入れでサルカンのちもとで高切れして逃したもののチヌの顔を拝めました。
徳ちゃんは、さすがの3枚でした。

サシエの安定がやはりキモでしょうか





釣 果 : チヌ ぼーず  ※35cmくらいをハリス切れのタモイレ失敗

サシエ : コーン

餌取り : ベラ、ガシラ、チャリコ、フグ

水 温 : 20℃



大潮
日の出入 : 04:48,19:15
満潮    : 00:08,10:05
干潮    : 06:11,16:40
天候    : 晴れ
気温    : 18~25℃
体感温度 : 涼しい
服装    : 長袖長ズボン
風向き   : グルグルと強風吹き荒れる










| NEXT≫