スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦潮何とかしなきゃ

MFG大阪大会 K-1選会2016          大阪府大阪湾 岸和田一文字 旧一文字赤灯内外



大会が始まりました。まずは、大阪大会です。
K-1の予選会も兼ねております。

今年からルール改訂がありました。
全体1位とポイントブロックから上位2名(全体1位が出れば3位が繰り上げです)が決勝へ進みます。
場所ムラを配慮した改訂でしょうかね



■大会受付

今年も受け付けしております。
お兄ちゃんがクビになったんで、弟二人は大変です。(笑)

oosaka_1607242.jpg



今年も参加者が多く、新規加入者も多く、100名近くの届け出があったそうです。
新規のメンバーが増えることはうれしいことですよね(^^)
さらなる強者が現れることを期待するとワクワクします。

oosaka_1607241.jpg


oosaka_1607243.jpg







さて、大会の方ですが、前週の試釣までは釣れてたんですが、大会3~4日前の試釣では、全滅らしいです。


苦潮です・・・。なんでやねん・・・。

最近、仲間内で調べていたんですけど酸素濃度が悪くなることが生態系に悪影響を与えるようです。
これを苦潮と呼ぶのかどうかはわかりません。

oosaka_1607240.gif
(赤くなると最悪らしいです、汗)

調査結果が月曜日ですからそれ以降どんどん赤くなってるんでしょうね。
酸素濃度が少なくなるってことは、やはり魚は浮くんでしょうかね。

苦潮になると経験上、浅場がいいかと思います。
浅場とは竿1本程度の水深でしょうか、もちろん潮の流れがあることが前提ですけどね。



■競技

私のくじ番号は、50番でした。90名くらいの参加でしたからちょうど真ん中です。
沖から渡そうが、中波止から渡そうが、「旧一文字」の気配がプンプン。

白灯引いても赤灯引くな!でしょ。





赤灯でした!(笑)   引くか・・・。



とりあえず潮流のある場所かと、先端に向かって釣り座、内向きに構えました。
このポイントは、初めてで、2番、3番(旧波止の中央寄りです)と同じだろうと安易に考えてました。

oosaka_1607244.jpg




棚を丁寧に測り、竿2本の駆け上がりにポイントを絞って、ダンゴを投入します。

なんかね・・・、左右の底がガタガタなのか、底が取れません・・・。
かなり丁寧にダンゴを打ちながら探りましたが、海底はボコボコのようなので、
駆け上がりの向こう側を狙うことにしました。

・・・。

なんかね、底がまたもや取れません(笑)

あとで分かりましたが、沖の駆け上がりもダラダラしてるようで、沖に投入するほど深くなります。

1本半
2本
2本半・・・

ふ、ふっか!(深い)

深いところはやばいので、仕方なく、1本半の駆け上がりで仕掛けを止めるようなイメージで釣りをしました。

サシエを止めるとたまに吸われるか、無くなるか。

サシエが動いた途端、サバの餌食です。大きく動くとアジの餌食かな・・・。

コーンはまる残り、、アミエビを投入しても変わらず。

魚は、アジか、サバかな・・・。ボラの気配は感じられませんでした。

一発の釣りかと、特に何もせずにダンゴを持たせて、変化を待つ作戦でしたが、

何にも起こりません。

最後の方は、サシエを止めて待つ釣りに切り替えましたが、何も起こりませんでした。

午後から外側に向きましたが、内側と状況は同じ。



ギブアップ!(笑)

大会に弱すぎ!(笑)1枚ぐらい釣れよ!ですね・・・。



結局、赤灯のブロックは、朝方にポンポンと2枚釣れただけで、雰囲気変わらずでした。
でもこの悪条件で、1枚釣るのはすごいですね。

苦潮の釣り方も考えないといけないとおもう大会でした。

キーワードは、
・浅場
・サシエの残る展開に持ち込む
・低集魚

かな・・・。

試したいけど、大阪湾、もういいです(笑)






大阪大会の優勝者は、徳ちゃんでした!
おめでとう!安定してきたのか、王者の風格がでてきたかな
みんなで徳ちゃんを止めよう!

僕も頑張らねば・・・。



大会関係者、参加者の皆さん、お疲れ様でした
試釣は、ほんとに釣れてたんです!ごめんなさい。



しばらくのんびりした釣りします。
夏期休暇取って、四国でもいったろ!(^^)



釣 果 : チヌ ボーズ

サシエ : オキアミ、ボケ、コーン

餌取り : サバ、アジ

水 温 : 不測


中潮
日の出入 : 05:03,19:07
満潮    : 09:29,22:26
干潮    : 03:39,15:53
天候    : 晴れ
気温    : 24~30℃
体感温度 : 暑い
服装    : アンダーアーマーに半袖、長ズボン
風向き  : 左からの風








スポンサーサイト

やる気が出てきました

やる気がでてきました       大阪府大阪湾 岸和田一文字 旧波止白灯(内外)



釣りもゴルフもなんでも一緒ですけど、一度、行き出すとやりたくてやりたくて仕方ありませんね。


あ!変なこと考えないでね(笑)



純粋に釣りがやりたくなりました。大会も近づき気合いも入ってきました。
今年は、大会用に策を作ることなく、普通に釣ったろうと思います(笑)



今回の試釣はどこへ行こうか悩みました。
釣れてる場所より釣れていない場所へ。

旧波止の外向きは、試釣会が全滅だったようなので、白灯の外向きで頑張ってみることに。
ここは、何度か竿を出してますがムラのある場所なので、今年はどんな具合なのか、状況把握の軽い気持ちで入りました。



当日、行くと、いろんな思いをはせた大会参加者が来られてました。



いつものメンバーですけど・・・・(笑)







TeamBakudanの井上君も同じ場所だったので、ご一緒です。

彼は、内向き、僕は、考えることなく予定通り外向きです。

oosaka_1607162.jpg


外向きは、潮早い!
餌取りも防波堤際は、むちゃ多い!

かなりむずかったです。


早めに釣果を出して、内向きも試したかったんですけど、正午まで釣れませんでした。

oosaka_1607161.jpg





外向き、内向きでなんとか釣果がでました。特に外向きは、潮が速いから難儀しました。

やはりカギは、「ボラ」ですね

こやつの層(棚)を突破すれば、普通に釣れます。
当日は、ひとりぼっちだったので、周辺のボラが全部集まってきた感じでした。
大会は、大人数なんでボラも散るでしょうし、普通に釣れるような気がします。

型が勝負になるでしょうね。

oosaka_1607163.jpg





K-1予選突破!頑張ります!



井上君、お疲れ様でした。当日もよろりん!


oosaka_1607164.jpg


大阪湾バージョンのウキも作成し、メンディングも完了!あとは、腕次第(^^)

oosaka_1607165.jpg








釣 果 : チヌ 6尾(28~38cm)
         ※外向き2尾、内向き4尾

サシエ : コーン、ボケ

餌取り : 外向き:ボラ、フグ、ベラ
      内向き:ボラ、フグ、チャリコ、キス、タナゴ

水 温 : 不測





中潮
日の出入 : 04:57,19:12
満潮   : 03:41,17:50
干潮   : 10:56,22:46
天候   : 曇り時々晴れ
気温   : 23~30℃
体感温度 : 暑い
服装   : アンダーアーマー半袖、長ズボン
風向き  : 右からの風




MFG岸和田大会の試釣

酷暑!やばば                    大阪府大阪湾 岸和田沖一文字 沖の北黄色の色灯


またまた久しぶりの釣りに行ってきました。

場所は、MFG大阪大会の開催地「岸和田一文字」です。
参加団体、有志の方々の試釣会に参加してきました。


結果から書きますが、釣れます!中波止以外は!(笑)

場所ムラもあろうかと思いますがシビアな釣りをすることがキモかと思います。

魚っ気のない場所、餌取りが猛威を振るう場所、いまいち反応の悪い場所・・・。

まとめると、


・魚っ気のない場所は、

 餌取りをどう集めるか、餌取りが集まらない場合は、相手をチヌに絞り、どう反応させるか、でしょうかね

・餌取りが猛威を振るう場所は、

 チヌの間をどう作るかでしょうね。

・いまいち反応の悪い場所(コーンまる残り、オキアミが吸われる)

 餌取りの反応を上げ、コーンが取られるまで仕立てるか、チヌがそれでも突っ込んでこない場合は、
 やはりチヌの間をいかに作るかでしょうね

長年、岸和田に通い詰めた答えがこれです。


僕が今回、試釣させて頂いたのは、「沖一文字の北」と言う場所です。内向きがポイントになります。
(外向きは、ルアーやエギ、サビキが多く釣りにならないかな、、、)

ここは、先端に行くほど、餌取りが多いのが特徴です。
何度か竿を出したことがありますが、ボーズはしてません。型も良く、僕的には好きな場所です。
ただし、ファミリーフィッシングも多いので早朝は気にせず釣りに集中する必要がありますが・・・(笑)


試釣者は、D-Bros2名(僕と徳ちゃん)、NextAGEの2名(ピーちゃん、先生)

じゃんけんで場所決めです。一番選択権は、僕です。小屋の横付近やったことないので、そちらに。
先端から徳ちゃん、そして僕の遥か奥にピーちゃん、先生の順でした。


僕の場所は、最悪でした。

根掛かり地獄・・・。

なんせ仕掛けを少しでも寝かしたり、餌取りがかかると何かに突っ込まれます。
縦の釣りしかできません・・・。
おまけに使用したことのないブランドの道糸を試そうと使うも、ハリスに負けて道糸が切れて高切れします。
4~5度の高切れに加え、良平ウキを流す始末・・・ウキあらへん!シクシク


午前中は、その根掛かり地獄で頑張りましたが、

エイ、エイ、エイ!
コブダイ、コブダイ、コブダイ、コブダイ!(岸和田にいるかぁ・・・)
フグ、フグ、フグ、フグの猛威!
それとタコ!(笑)

あまい握りだと、

サバ、アジの海中爆破!
グレ、グレ、グレ、それもデカイ!隣のサビキがグレ狙いで飛んできます(笑)

そこへ、両サイドがファミリーフィッシングに挟まれての釣りです。
今回は、僕的には両サイドがサビキはありかな?!餌取りが分散されてるように思い、少し楽だったかも。


でもね、餌取りを蹴散らすボラの気配は感じませんでした。
こいつが居ればもっと楽な釣りができたかも。


今回のレシピは、ボラが多い大阪湾なんで、キレを重視してます。

・糠  7杯
・砂  3杯
・細引きサナギ 3杯
・オシムギ 適量(150cc程度)
・アミエビ 200ccに2杯(3回作成しましたが、最後は3杯)

このレシピだと、握力が居るかな・・・トホホ
次回は、場所とにらめっこしながら糠の量を調整します。



開始当初は、コーンが残る展開でしたので、

テクマクマヤコンを発動して、コーンを取られる展開に持ち込みました。


ダンゴが着底までに割られることも多いので、切れの良いダンゴを持たせる方向で勝負してました。
中途半端な握りだと15秒持たない・・・。

後で分かりましたが、30秒以上持たせることができれば、チヌへの近道です。

それと、昼から根掛かり地獄からギブアップして、根掛かりしない場所に少し移動しました。


それからは、チヌの間を探りながらいろいろ試しましたが、前述の通りです。

ボラをあまりにも警戒しすぎて、握力勝負の釣りがまずったかな・・・。



結果は、

40cm、30cm、28cmの3枚でした。

oosaka_1607101.jpg



しかし、暑かった・・・、熱中症になってもおかしくなかったです。
板氷を持ってたのでその解けた水で頭にかぶりました。






徳ちゃん、6枚も釣ってるし!!あほちゃうか!(笑)
こんなくそ暑い中、ほんまよう釣りよる!





でもね、

まーそのうちの一枚は、僕のアドバイス通り釣れたしね、イヒヒ

それと、チビッコばっかりやしね、イヒヒ





徳ちゃん、ぴーちゃん、先生、お疲れ様でした。

また、大会でよろりん!

試釣会、参加の方々、お疲れ様でした。



oosaka_1607102.jpg
(チビッコは、隣のファミリーにおすそ分け)











釣 果 : チヌ 3尾(40,30,28cm)

サシエ : コーン、ボケ

餌取り : フグの猛威、グレ、エイ、コブダイ、タコ、サバ、アジ

水 温 : 不測



中潮
日の出入 : 04:53,19:14
満潮    : 09:29,22:38
干潮    : 03:44,16:08
天候    : 晴れ
気温    : 25~32℃
体感温度 : 風が無かったら極!暑い
服装    : アンダーアーマーに半袖、長ズボン
風向き   : 時々、背からの風、無風


  
  


これだから

ノッコミはこれだから怖い      兵庫県家島諸島 Bgqdyaszwe



久しぶりの釣りでハートに火が付いたのか、釣りに行きたくて症候群が発症。

先週は、久しぶりにも関わらず良い釣果に恵まれて、今回は、少しだけ開拓心を出してみることにしました。


最近の釣りは、早起きを極力避けたいので、4時起きします。
起きると同時にそのまま車に乗り込み出発すべく、前夜に全ての準備を整えます。


出発は4時半。現地まで1時間半でしょうかね。
いい感じで釣りに行けました。



現地に行く道中で、ぴーちゃん発見!手を振るも愛想無し。。。(笑)

狙いのポイントを遠目に見ると誰かいます。
行ってみると、なんと!箕原さんではありませんか。考えることは皆同じの様です。

箕原さんは、渡船で来られてるので、前回、同様に状況を確認。
なんと、エサが残るらしいです。
先週のフグ地獄とは打って変わって、海中の様子が変わってました。


ダンゴ配合は、先週のことが頭にあるので、フグ対策のダンゴで行くことにしました。

ダンゴレシピは、前回と同じで、サナギ粉が3杯で行きました。
ダンゴのタッチは、シットリ目です。

ieshima_1606181.jpg




オキアミがたまに残りますが、ダンゴの割れは、早くも無く、遅くも無いと言った感じですかね。

オキアミ → たまに取られる
ボケ   → まる残り
コーン  →まる残り

しばらくダンゴを締めて様子を伺うもまったく変化なし。

1時間くらい経過した時でしょうか?



箕原さんにチヌが来ました。
サシエは、ボケで、這わせて釣れたらしいです。這わせて釣るのがすごい。
この時間帯で這わせて釣ったことが無いからです。


僕の方は、ひたすらチヌの気配を伺うことに心がけての釣りです。

一向に、気配が変わらないので、久しぶりの

テクマクマヤコン♪(笑)


ダンゴの割れが速くなった瞬間、棚を探るとチヌが竿を曲げました。
釣れたチヌは、ダンゴにさわりにこないんですよね。

ieshima_1606182.jpg




ダンゴに来ない分、ボケ餌に来ます。

失敗・・・。先週の釣果のほとんどがコーンだったので、ボケを少な目に購入してました。

ボケならチヌ、以外の餌は、見向きもしない。

ボケを大事に夕方まで持たせないといけない、、、、

これが失敗。。

午前中は、ボケ中心で行くべきでした。

最初の1枚はオキアミでしたが、あとはボケを半分にちぎった釣果(笑)

昼からはさっぱりで、チヌの気配がまったくなかったです。

なんだろ?何か失敗してますね。
餌取りの活性が突然上がったと思ったら次の瞬間、何も居ない海に変わるしね・・・。

釣ったチヌのお腹もスマートだし、ぼちぼちここも終盤なんですかね。


箕原さん、お疲れ様でした。
ボケやビールありがとうございました。(^^)
次は、大阪湾でよろしくです。



ieshima_1606183.jpg










釣 果 : チヌ 6尾(25~45cm)   ※ロリ2枚は、写真の穴に落ちました(笑)

サシエ : ボケ、オキアミ

餌取り : フグ少々、ボラ

水 温 : 不測ですがたぶん20℃



中潮
日の出入 : 04:48,19:18
満潮    : 08:55,23:03
干潮    : 04:29,15:18
天候    : 晴れ
気温    : 24~27℃
体感温度 : 酷暑
服装    : アンダーアーマーに半袖、長ズボン
風向き   : 左正面の微風














ようやく釣りに復帰

天候良し!体調良し!         兵庫県家島諸島 Bgqdya


ようやく釣りに行けました。

相変わらず仕事の方は、忙しいんですが、釣りに行く気力や体力が無く、今日に至ります。
幾度か、釣りに行こうと思う日は、天候が悪いか、体調が悪いかで、見合わせてました。

このままではいかんと!ボケを予約して、朝起きたらやーめたを防止する作戦まで取りました(笑)


2ヶ月くらい休憩してましたかね?

ノッコミ前線も三重県は下火で、そろそろ家島か?と昨年出向いた場所に行きました。




なんせ久しぶりなんで、釣りが下手くそになってるような気がしてなりませんでした。
釣りも行かないと下手になると思いこんでますからね。


ieshima_1606111.jpg



現地到着は、8時頃。ノッコミにしては早い出勤です(笑)

先客が、お一方いらっしゃいました。どうやら渡船で来られたようです。
状況をお聞きすると、フグがかなりキツイ様子でした。

少し離れて、お隣にお邪魔虫してます。

ieshima_1606112.jpg





まずは、ダンゴ作成ですが、フグパラダイスの様なので、いつもより糠多め、握力も弱ってることを考慮(笑)

以下のレシピです。

・糠  8杯
・砂  3杯
・細引きサナギ 4杯(3回作成しましたが、2回目以降は3杯です)
・オシムギ 適量(150cc程度)
・アミエビ 200ccに2杯

おからパウダーは、入れようか悩みましたが、餌取りの活性次第で入れることにしました。(結果的には入れず)


ロケーションと棚が変わってる・・・汗

前方の突堤が伸びてました。ミオ筋が狭く、棚もかなり深くなってるような・・・。
棚は、竿2本半。(昨年は、1本ちょっと?!だったような・・・)


棚取りに手間取りましたが、ダンゴの割れは、情報通り、フグ系の割れの速さです。
それから3投目かな?!





突然、チヌが釣れました。

ieshima_1606113.jpg


オキアミで釣れます。ダンゴアタリが強くでて、ボラや餌取りのアタリを見送ればチヌです。棚は、少し底を切った程度ですかね。

まー久しぶりの釣りなんでこの状況はウエルカム!(笑)

でもね・・・。

3枚釣れると、フグパラダイスの始まり・・・。
おまけにやわい握りで投入すると沈下中に何かに割られます。
最初は、チヌかと思いましたが、結果的には、ボラやアジの猛攻で割られてました。

そこからダンゴは、パサ目をネバ目に変えて、ひたすら握り倒す釣り。
チヌが突っ込んで来ると言うよりもチヌの間を与える作戦でしかよう釣りません。

でもね、徳ちゃんは、チヌを突っ込まして釣るんだよね・・・。
この突っ込ます技術が僕にはまだまだかな。

和歌山のおいやん釣法!(笑)



夕方になると、ハワセても釣れるようになったんで楽ちんでした。


しっかし、久しぶりの釣りにはキツイ釣果です。
腕パンパン・・・。

筋トレでは、動かさない筋肉がダンゴの握りでは必要なんですね。


あーやっぱり釣りは楽しい~。

釣れて良かった。落ちぶれてると思ってたし、、あは






ieshima_1606114.jpg








釣 果 : チヌ 19尾(30~45cm)

サシエ : コーン(半分以上はこれ)、ボケ、オキアミ

餌取り : フグ(猛烈)、ボラ、アジ

水温  : 不測ですが前日のネットで調べた水温は18℃くらい



小潮
日の出入 : 04:48,19:15
満潮    : 03:55,15:30
干潮    : 10:31,21:08
天候    : 曇り時々晴れ
気温    : 23~25℃
体感温度 : 風が止むと暑い
服装    : アンダーアーマーに半袖、長ズボン
風向き   : 正面やや右からの風






| NEXT≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。